扶桑家系研究所 リポート7 
トップ > リポート集 > リポート7
館内案内
扶桑家系研究所 リポート7
松永氏諸家系譜(各地の松永氏) 松永氏一族の系譜(松永国華の系譜)  戦国大名松永氏の系譜 幕臣松永氏の系譜 入江氏系松永氏(松永貞徳の系譜)  入江氏系松永氏(松永尺五の系譜)  入江氏系松永氏(松永尺五の系譜2)  戦国松永氏一族姻族系図 入江氏一族概略系図  松永氏一族系図 松永久秀関係系図
松永氏諸家系譜
 
戦国大名の松永氏(松永久秀一族)は、下克上の典型と呼べる存在である。伊勢新九郎(北條早雲)、齋籐道三と並ぶ存在である。伊勢新九郎は足利茶々丸を滅ぼし、戦国大名として飛躍する。齋籐道三は、主筋を滅ぼし(或いは乗っ取り)、ついには守護の土岐家を追放し、美濃を支配する戦国大名となる。この二家は、先祖の系譜もある程度明らかになってきている(早雲は伊勢氏一族、道三は、北面の武士松波氏の傍系らしい)。しかし、松永氏の場合は、系譜資料や歴史雑誌の特集を見ても、先祖の系譜が定かでない。『姓氏家系大辞典』、『日本系譜綜覧』でも、久秀以前は判然としていない。子孫についても不明な点が多い。これら系図では、松永貞コは、久秀の孫となっているが、異説もあり定かでない。松永貞コの研究者の著書によれば、貞コの家系は入江氏末裔とされている。貞コの父の永種が、松永弾正久秀の養子であった場合には、系図上は久秀の孫となるが、慎重な検討が必要である。戦国大名松永氏は、松永久秀が三好家の右筆から家宰的立場となる事が、飛躍の始。三好長慶の晩年から三好家内部の権力を掌握し、将軍を謀殺して畿内政権を確立するかと思われたが、織田信長の登場でもくろみは崩れた。信長は謀殺された将軍の弟を擁立して上洛、幕府を再興する。結局三好家の擁立した公方は、堺に逃れ、堺幕府を作るも有名無実で、後に徳島へ移り平島公方を称する。三好家は長慶没後は、松永久秀と三好三人衆が同家を支配したが、信長が畿内を掌握するプロセスで信長の軍門に降る事となる。松永久秀は、一代で戦国大名となり、大和の一部を支配した。やがて信長から離反し、織田軍に攻められ自刃とも自爆したとも云われる。嫡男の久通も自刃し、戦国大名松永家は、実質は久秀・久通の二代で滅亡した。
松永氏に関しては、系譜資料での追跡にも限界がある。松永貞コに関する研究諸書や、自称松永久秀末裔系譜なども参照しながら、松永久秀一族に関する系譜を検討しようと思う。
 このページのトップへ移動
 『松永氏諸家系譜(各地の松永氏)』
 
松永氏諸家系譜
 
※ 掲載系図の複製・転用を禁ず。
松永諸家では、松永久秀一族、松永貞コ一族、尾張松永氏などを注目している。
(2007.6.21)
  このページのトップへ移動
『松永氏一族の系譜』(松永国華の系譜)
 
松永氏一族の系譜(松永国華の系譜)
 
※ 掲載系図の複製・転用を禁ず。
尾張藩士で儒学者の松永国華は、松永久秀の末裔と伝える。『姓氏家系大辞典』は、久秀六世と記す。
『尾張群書系図部集・下』では、久永の庶子とおぼしき松永吉秀より六代目の徳栄が、松永国華(國華)と記す。松永久秀の子女については、基本系図資料では確認出来ず不明の点もあり、久秀と吉秀の関係も、手持ち資料では、はっきりしない。一応参考に記す。
この系譜では、松永久秀を伊勢國度会郡の出身とするが、他の資料は異説あり。
(2007.7.12)
 このページのトップへ移動
『戦国大名松永氏の系譜』
 
戦国大名松永氏の系譜
 
※ 掲載系図の複製・転用を禁ず。
戦国大名の松永家は、久秀・久通の二代で滅亡する。松永貞徳の父の松永永種の出自については諸説ある。松永久秀の孫、或いは三男とするものがあるが、入江氏の一族で永種の祖母が松永久秀の伯母で、武家を廃した時に、松永に改姓したという説もある(『松永貞徳の研究』、他)。
(2007.7.20)
このページのトップへ移動
幕臣松永氏の系譜
 
幕臣松永氏の系譜
 
松永久秀の子孫ははっきりしないが、江戸幕臣の中に松永久秀の子孫を称する家系がある(松永一興)。但し、一興に至るまでの間は不詳である。大悪人と云われた松永久秀の子孫を自称しているなら珍しいケースである。本物の子孫なら途中を補注にも記さないのは謎である。更にもう一家確認されたが、こちらは、三河の松永氏の末裔。松永氏も各地にいるからその末裔なのであろう。
(2007.8.13)
このページのトップへ移動
入江氏系松永氏(松永貞徳の系譜)
 
入江氏系松永氏(松永貞徳の系譜)
 
松永貞徳の父の松永永種を、戦国大名松永久秀の子とする説がある(別記参照)が、松永貞徳研究家などの調査により、入江氏一族末裔説が浮上している。それによれば、永徳の祖母が、久秀の伯母或いは、伯祖母(大伯母)であるらしい。入江系図については、日本家系図学会の『旅とルーツ』に紹介されているので、他の史料と検討後に紹介する。
(2008.2.2)
このページのトップへ移動
入江氏系松永氏(松永尺五の系譜)
 
入江氏系松永氏(松永尺五の系譜)
 
松永貞徳は、高槻の入江氏一族の末と伝えられる。松永久秀とは直接の関係はない。松永永種の祖母が松永家の出身という関係であり、入江氏の一族の永種が没落して市井の人となる時、祖母の実家の姓を名乗ったという訳である。この系図によれば、冷泉家とも姻戚関係であり、藤原惺窩とは師弟の関係になるらしい。
(2008.2.11)
このページのトップへ移動
入江氏系松永氏(松永尺五の系譜2)
 
入江氏系松永氏(松永尺五の系譜2)
 
松永尺五は儒学者。私塾【講習堂】を主催。子孫は塾長を継承。明治33年に閉鎖される。松永家の資料は、松永誠四郎氏により京都博物館に寄贈される。
(2008.2.20)
このページのトップへ移動
『戦国松永氏一族姻族系図』
 
戦国松永氏一族姻族系図
 
松永久秀と松永永種との関係については、諸説あり。松永貞徳研究者などの研究により、松永永種は入江氏説が有力になりつつある。松永永種は、武士を廃した時に、入江姓を捨て、祖母の実家の姓を称したようである。貞徳の子孫は儒学者として私塾を継承した。ネットでは、昌易と永三の両方を記すものもあるが、『松永貞徳の研究』では、永三(講師堂主催)の系統のみ確認、昌易の系統は入手の書籍では未確認。参考にネットデーターから作成の系図を掲載しておきます。
(2008.2.24)
このページのトップへ移動
『入江氏一族概略系図』
 
入江氏一族概略系図
 
入江氏と云えば、藤原氏南家系工藤氏流吉川同族の入江氏が知られているが、高槻入江氏は、『旅とルーツ』の武田氏の論考によれば、源氏系入江氏らしい。若干の混乱がある。この流れからは旗本の入江氏が確認されるが、松永貞徳はその同族傍系の入江氏の出身らしい。熊本入江氏(景秀の系統)と貞徳先祖の入江氏系図には食い違いがある。入手の資料ではこれ以上の検証は無理なので、入江氏の追跡はこれで終了する。ここまでの資料追跡により、松永永種は、松永久秀の子供ではなく、入江氏から改姓した可能性が高まった。日置昌一の「日本系譜綜覧」の、松永永種を久秀の子供とする系図は、養子或いは、猶子の関係を裏付ける資料が確認されなければ、誤りということになろう。とりあえず松永貞徳は、久秀子孫ではなく、元高槻城主入江氏一族末裔としておく。
松永貞徳の系譜は、これにて終了。今後は、松永久秀末裔伝説を紹介して「異聞歴史館」の松永氏レポートは終わりにしたい。
(2008.3.8)
このページのトップへ移動
松永氏一族系図
 
松永氏一族の系図
 
 松永氏は信貴山城を包囲攻撃され滅亡したと思われていたが、子孫の一部が阿波徳島に、移り、血脈
・家系を伝えたという。子孫と云われる松永年雄氏が「松家とその一族」を刊行されておられる。同書によれば、著者の松永年雄氏は、松永久秀の十五代目に当たるという。但し、主要な系譜集では、松永久秀の系譜は登場せず。子孫と称する家系は、『寛政重修諸家譜』と、『尾張群書系図部集』に紹介されているが、途中が不明だったり、系線が破線だったりで、詳細は定かでない。通史の上では、松永久秀・久通親子の死亡により戦国大名松永家は、滅亡したとされている。
(2008.3.25)
このページのトップへ移動
松永久秀関係系図(竹内氏・伊勢氏)
 
松永久秀関係系図
 
松永久秀の系譜は、基本系図では確認出来ない。しかし、姻族関係系図については、竹内氏及び伊勢氏との関係が確認出来る(系図出典参照)。但し、『系図纂要』伊勢系図の貞為女(宰相阿古大上臈)は、実母を明記せず、その詳細は確認出来ない。一応、『群書系図部集』掲載の「伊勢系図・別本」により、松永久秀の姻戚としておく。竹内氏は『系図纂要』で確認できるが、松永久秀の女系血脈は、途中で途切れている。戦国大名松永氏は、基本系図集に僅かな痕跡を残すのみ。男系子孫と称する家系は存在するが、詳細はよく分からない(各種参考系図参照)。
このページでは、松永久秀と松永貞徳の系譜を中心に追跡してきたが、戦国大名松永家は、久秀・久通の二代で滅亡(実質は久秀一代)、資料も乏しく追跡には限界がある。興味ある方は、これを土台に追跡して下さい。松永氏の系譜は、とりあえずここで一区切りとします。
(2008.5.5)
このページのトップへ移動
このページのトップへ移動
戻る
リポート集トップへ戻る
Copyright (C) Kakeiken. All Rights Reserved.