扶桑家系研究所 リポート5  
 トップ > リポート集 > リポート5(淺井氏一族の系譜)
【扶桑家系研究所リポート5】
館内案内
淺井氏一族の系譜
   私が淺井氏に興味を持ったのは、南朝正統皇胤を自称した熊澤寛道氏(熊澤天皇)の著書『南朝と足利天皇血統秘史』に掲載の戦国熊澤氏宗家の縁組み系図が、尾張淺井氏(苅安賀淺井氏)を通じて、三英傑と姻族関係にあると記した点と、従来、歴史雑誌などに掲載される戦国淺井氏の系図が、正親町三條家の落胤末裔としている点にある。徳川家の関連系譜集に秀忠の正室崇源院(淺井達子)の系譜が掲載されている(「柳営婦女伝系」)が、全く異質の系図である。どちらも改竄系図ではあるが、それにしても、両系図(正親町三條系図と敏達・物部系藤原系図)は、淺井亮政以前は全く整合しない。後者は地元の『東淺井郡誌』に類似の部分もあるが、前者は蔵屋や明政の記載も無く疑問の度合いが大きい。本当の淺井氏はどういう出自の家系か、又、近江淺井氏と尾張苅安賀淺井氏は本当に同族なのか? このあたりの事を手持ちの系譜資料と、地元図書館(扶桑町図書館)の協力を得てレファレンスした資料を土台に、時にはネット情報も参考にしながら追跡していく事にする。
淺井■■−■■−■■淺井亮政久政長政達子(崇源院)−徳川家光−家綱
淺井亮政の実父は誰か? 淺井氏の惣領家の系譜は?
   淺井氏系図は、正親町三條家落胤末裔系図を作成する段階で、本来の淺井氏惣領家を中心とする一門系図を抹殺したと思われる。しかし、庶流には断片的に本来の淺井氏系図に近いものが残っていたのではなかろうか。その断片的な系譜を再構築したものが、「柳営婦女伝系」の崇源院系図や、「東淺井郡誌」の淺井氏系図ではなかろうか。しかし、これとて改竄系図で、本来は、淺井郡の土豪・郡司クラス一族の末裔の可能性が高い。各種系図を勘案しながら追跡していこう。   
目次
1. 淺井氏の系譜 (『姓氏家系大辞典』による)
2. 戦国大名近江淺井氏概略系図(淺井氏三代を中心にして)
3. 浅井氏一族主要人物一覧
4. 戦国浅井氏諸系図
5. 近江浅井氏の系譜 主な系図資料による浅井氏系図
6. 浅井氏の族葉 浅井氏庶流系図
7. 近江浅井氏一族(ルーツ編)
8. 浅井氏の族葉・パート2 府中浅井家、仮説.浅井氏一族系図
9. 浅井氏の族葉・パート3 幕臣浅井氏
10. 浅井氏の族葉・パート4 幕臣浅井氏
11. 浅井氏の族葉・パート5 浅井亮政の族葉
12. 浅井氏の族葉・パート6 浅井長政の族葉
13. 浅井氏の族葉・パート7 尾張浅井氏及び補筆編
淺井氏の系譜
 このページのトップへ移動
淺井氏の系譜
 
※ 掲載系図の複製・転用を禁ず。
   淺井氏は各地にあるが、歴史上最も著名なのは、戦国大名の近江浅井氏である。尾張や三河の淺井氏の中には、近江浅井氏の一族と称する家系もある。さて近江の淺井氏であるが、広く喧伝されているのは、正親町三條公綱の落胤説であるが、物部守屋後裔説、近江淺井郡司一族末裔説などもあり、正確なところはよく分からない。古来近江には淺井直・淺井宿禰などが確認されるので、その末裔の可能性も高い。近江浅井氏の研究では、静岡大学の小和田哲男教授が知られているが、系譜の完全復元には至っていない。『東淺井郡誌』には、正親町三條公綱落胤説とは異なる系譜もあり、戦国大名浅井氏は、浅井一族庶流から淺井惣領家を継承した可能性も浮上している。今後、そのあたりも踏まえ、各種系図資料を比較して検討したい。家系研究の大家の太田亮氏は、近江に蟄居しているはずの正親町三條公綱が、文安3年に参議に叙任されている事を指摘し、公綱の配流・蟄居に疑問を呈している。
(2006.10.16) 
目次に戻る このページのトップへ移動
戦国大名近江淺井氏概略系図(淺井氏三代を中心にして)
近江淺井氏概略系図(1) 近江淺井氏概略系図(2)
 
   戦国大名淺井氏三代とは、京極家より、北近江の支配権を事実上簒奪した淺井亮政、水利権を調整しながら、国人一揆の盟主の地位を固めた淺井久政(文化人でもあったので、俗書は愚将としている)、六角氏の圧力にも屈せず、一時は近江のかなりの部分まで支配した淺井長政。淺井長政は、一時は織田信長の義弟となり、かの「家康」にもなりえたかもしれないが、義理と情に流されて家を滅ぼした悲劇の武将。その血脈は、豊臣・徳川・九條家及び、天皇家にも及ぶ。淺井家が滅亡しなかったら、その後の天下の変遷は、違った歴史になったかも知れない。
 
近江淺井氏概略系図
 
近江淺井氏概略系図(1) 
 
※ 掲載系図の複製・転用を禁ず。
   淺井氏の系譜は、亮政以前は諸説あり定かでないが、従来の正親町三條家落胤系図については、再検討が必要である。又、近江淺井氏と尾張苅安賀浅井氏の関係についても、色々あって、再検討の余地がある。近江淺井氏の同族か、別の系譜か今後の課題。淺井田宮丸の系譜には疑義がある。 
(2006.10.21)
このページのトップへ移動
  (近江淺井氏概略系図の続き)
 
近江淺井氏概略系図(2)
 
※ 掲載系図の複製・転用を禁ず。
   淺井氏系図は、亮政以下でもその系譜には食い違いあり。淺井氏三代については、一部異名があるが、基本的には問題ないが、三代の当主の兄弟・一族については、再検証が必要。 
(2006.10.23)
このページのトップへ移動
『浅井氏一族主要人物一覧』
 
浅井氏一族主要人物一覧

浅井稲盤
貞観13年(871)頃の人
竹生島に食堂寄進
浅井広志根
貞観14年(872)頃の人
竹生島に湯釜寄進
浅井某
建保3年(1215)頃の人
長福寺に薬師如来像寄進
浅井某
寛喜3年(1231)頃の人
円満寺に鐘を寄進
参考・備考
正親町三條公綱(氏政)
正親町三條実雅長子
嘉吉年間(1441〜1444)、勅勘を蒙り京極氏に預けられ、丁野村に蟄居。土地の娘との間に男子を儲けた後、許されて帰京。ほどなく没す。
近江國浅井郡丁野村は、三條家の所領にあらず(大覚寺領)。(東浅井郡志)
   
公綱は 実雅の長子にあらず
   
公綱は 嘉吉年間に 勅勘・左遷・近江配流の事実なし
   
公綱の子は女子のみ(尊卑分脈)
      
浅井重政を公綱の子とするのは 後世の挿入(改竄)   
正親町三條公綱
正親町三條実雅の次子。兄は実種。嘉吉元年、兄実種負傷により、代わりに将軍葬儀に列席。嘉吉2年正月及び11月、公綱は将軍に拝謁。将軍元服理髪役。嘉吉
3年6月朔日、室町殿で、兄実種と共に将軍義勝と対面する。又、文安元年、2年にも在京が確認され、文安3年には、正四位参議、右中将に任ぜられる。
文明3年(1471)薨去(50歳)。
(1422〜1471)(応永29年生)
「公卿補任」、「尊卑分脈」などと整合せず。
浅井重政(亀若丸)
嘉吉2年(1442)3歳の時、父帰洛。(纂)
仕.京極中務少輔持清。居.浅井郡丁野村。
亀若丸(浅井重政)
文安3年(1446)生。
明応5年(1496)没。
近侍.佐々木久頼。
(1446〜1496) (寛)
  浅井宗政   
木下長左衛門國吉
昌盛法師(盛成)還俗
(1465〜****)
(尾張移住)
浅井忠政(ただまさ)
(新三郎、長門守)
(新左衛門尉)
■■■■(浅井直政?)
(浅井亮政曾祖父)
浅井直政  
■■■■
(浅井亮政祖父)
浅井氏政  
木下長助吉高
天文9年11月6日没。
(1491〜1540)
浅井賢政(亮政父?)
(新次郎、常陸介)
浅井直種
(蔵人丞、蔵人)
文明17年(1485)、下坂家の内訌に干渉。
(浅井直政の叔父?)
清水寺再興奉加帳に名前記載あり。(亮政実父)
文亀元年(1501)6月3日討死。(****〜1501)
浅井直政
明応9年(1500)の寄進状に加判。
明応10年(1501)の寄進状に加判。
天文9年(1540)卒。
(浅井亮政舅・養父)
(****〜1540)
浅井敏政(直政弟?)
(掃部助、長門守)
永禄2年(1559)3月11日没。
浅井之政(敏政の息子)
(掃部助)
浅井新七郎(賢政弟)
三田村定元
浅井定政(之政の息子)
(釆女)
浅井新八郎(賢政弟)
大野木秀國
浅井一政(定政の息子)
(今木源右衛門)
木下弥右衛門昌吉 浅井亮政(直種二男)
永正11年(1514)、亮政は第二次伊庭の乱で伊庭貞隆・貞説を支持する。
時期不詳。田屋明政を蔵屋の婿養子とす。
大永3年(1523)の国人一揆に参加する。
大永4年(1524)頃より小谷城を築城す。
大永5年(1525)9月、六角定頼に敗れ江北より退避(越前?)。
大永6年(1526)、亮政江北へ復帰。亮政の側室尼子氏、猿夜叉(久政)を生む。
享禄4年(1531)4月、箕浦合戦で六角定頼に再び敗れる。
天文3年(1534)8月20日、小谷城に京極高清・高延を招き饗応する。(10月7日)。
天文7年(1538)9月12日、六角定頼に敗れ小谷城に籠城す。
天文11年(1542)正月6日没。
(****〜1542)
浅井政種(亮政兄)
備後守
浅井蔵屋(亮政室)
永禄11年(1568)8月26日没す。(****〜1568)
浅井清政(越後守)(敏政弟?)
天文7年(1538)に記載あり。
浅井忠種(政種子)
天文(1532)以前に卒。
(又次郎)
浅井秀信(清政子)
(五郎兵衛)
天文13年(1544)春没。
浅井碧澗(壁閑)(清政子)
(新十郎)
浅井政信(亮政弟?)
(新介、大和守)
永禄元年(1558)卒。(郡)(****〜1558)
弘治3年(1557)死。(纂)
浅井亮親(秀信子)
(與次、石見守)
天正元年(1573)8月28日、捕らえられ殺害。
(****〜1573)
(浅井清忠)(壁閑子)(清政孫)
福壽庵(清政子)
惟安首座
浅井政澄(政信子)
(玄蕃允)(纂=高信)
浅井吉政(亮親子)
(吉兵衛尉)
天正11年(1583)4月21日戦死。(****〜1583)
浅井貞政(清政子)
(越後守)
浅井盛政(貞政子)
(越後守)
浅井教政(亮政兄?)
(赤尾駿河守)(誤伝か?)
永正15年(1518)9月11日討死。(****〜1518)
浅井賢政(吉政子)
(盛政養子)
浅井賢政(盛政養子)(吉政子)
(兵部、紀伊介、政堅)
元和元年(1615)3月21日没。
(1579〜1615)
浅井延政(久政弟?)
(宮内少輔) 
浅井鶴千代(明政室)
天文2年寄進状あり。
慶長7年(1602)2月17日没。(****〜1602) 
田屋明政(浅井明政)(清政子)
天文2年(1533)寄進状あり。 
 
木下藤吉郎秀吉
羽柴秀吉
豊臣秀吉(太閤)
浅井久政(亮政子)
大永6年(1526)誕生
天文11年(1542)家督相続す。
天文13年(1544)8月、京極高広に攻められ家臣の国友伯耆守軍が打ち破られる。
天文14年(1545)7月3日、久政軍は海津を攻め落とす。
天文21年(1552)7月、六角義賢が江北に出陣する。天文22年11月、浅井久政は六角義賢に大敗を喫す(地頭山合戦)。11月26日、久政は六角義賢と講和(屈服)す。
(六角家の属国並)
永禄3年(1560)隠居。
(野良田合戦の前?)
元亀元年(1570)4月、久政は、長政に織田との同盟の破棄を促す。天正元年(1573)8月27日、織田軍に攻められ自刃す(49歳)。
(1526〜1573)
浅井忠種(政種子)
天文(1532)以前に卒。
(又次郎)
浅井鶴千代(明政室)
天文2年寄進状あり。
慶長7年(1602)2月17日没。(****〜1602)
海津殿(蔵屋娘)
田屋明政(浅井明政)(清政子)
天文2年(1533)寄進状あり。
天文11年(1542)9月4日、本願寺より香典が届けられる(亮政没)。 
浅井高政(久政兄?)
大永6年(1526)4月9日早世。(****〜1526)
(纂)
海津局(政高室)
明暦元年(1655)12月20日没。(****〜1655)
(明政・海津殿娘)
浅井政高(田屋茂左衛門)
田屋明政養子(実明政姪)
元和元年(1615)5月8日戦死。
(1560〜1615)
浅井延政(久政弟?)
(宮内少輔)
浅井政弘(直政嫡男)
天文4年(1535)12月25日以前に早世。
(生没年不詳)
田屋直政(三好左馬介)
政高の息子。三好姓に改姓。
寛永7年(1630)9月4日没。
(1601〜1630)
女(近江局)(久政妹)
齋籐龍興室
浅井良政(久政弟?)
(浅井系統一覧)
浅井惟政(清政子?)
雄山(久政弟?)
(智山和尚)
浅井政國(良政子)
(浅井系統一覧)
浅井親政(惟政子?)
浅井山城守(久政?) 浅井政庸(政國子)
(田宮丸)(苅安賀城主)
(浅井系統一覧)
浅井吉政(親政子)
女(伯殿)(久政姉?)
浅井掃部頭之政妻
浅井伝兵衛(亮政子?)
(新八郎高政)(備中守)
(苅安賀城主)(群書)
浅井政堅(吉政子)
女(海津殿)(久政姉?)
田屋明政妻
浅井信広(高政子)
(新八郎政高)(政澄)
天正9年(1581)5月没
浅井利政(政堅子)
女(里見殿)(久政妹?)
黒田伊與妻
浅井秀政(久政?)
(宮内少輔)(長頼)
  (寛)
浅井政勝(利政子)
浅井長政(久政嫡男)
天文14年(1545)誕生。永禄2年(1559)正月、六角家重臣平井定武の娘を妻とする。新三郎は元服後、賢政を名乗る(義賢の賢)。同年春、妻を離縁し、六角方へ送り返す。
(或いは永禄3年)
永禄3年(1560)、父を隠居させる。この年、六角承貞(義賢)江北に侵攻し、肥田城を攻撃(8月中旬)する。長政は、高野瀬秀隆救援の為に出陣し、野良田の合戦で六角軍を撃破し、浅井家での長政の主導権が確立される。
永禄4年(1561)、名を長政に改める。浅井家は、この年より名実共に戦国大名となる(六角家より独立)。
女(昌安尼)(久政長女)
(実宰庵)(長政長姉)
天文11(1542)に出家する。(1537?〜1585?)
浅井広次(与六郎)
(浅井田宮丸の先祖?)
永正14年(1517)頃の人
(尾張群書)
浅井井広(信広弟)
属.織田信忠。天正10年6月2日、二條新御所にて討死。(****〜1582)(尾張群書)
女(久政二女)(長政姉)
京極高吉正室。
浅井田宮丸(政尚)
(新八郎長時)(長安)
(浅井広次子孫?)
(一説.浅井政澄子)
天正12年(1584)3月、伊勢長島城で織田信雄に謀殺される。(16歳)
浅井政重(新太郎)(田宮丸弟)
豊臣秀俊(大和中納言)に仕え後に崇源院の請ひにより東照宮に仕え、采地五百石を賜ひ御書院番をつとめる。承応元年(1652)8月24日没。
(****〜1652)(寛)(尾張群書)
女(久政三女)(長政姉)
大屋形義実朝臣女房・大弐尼
浅井政元(長政弟?)
(玄蕃頭)
浅井良政(新八郎)
(浅井久政弟?)
(尾州諸家系図集、他)
浅井政侯(政時)(政重子)
(甚兵衛、助左衛門)
寛文12年(1672)9月3日死す。
(****〜1672)(寛)
浅井政之(長政弟?)
(石見守)
元亀元年(1570)6月28日、兄弟討死。
(****〜1570)
浅井政国(新八郎)
(浅井良政子)
苅安賀城主。
(尾州諸家系図集、他)
浅井田宮丸(長時)
織田信雄に属し、苅安賀城に居す。天正12年3月6日、招かれて信雄のために害せられる。(****〜1584)(寛)
浅井政庸(田宮丸)
(浅井政国子)
(尾州諸家系図集、他)
浅井政重(新太郎)
(浅井政庸子)
(尾州諸家系図集、他)
(羽柴秀吉)











元亀元年(1570)4月、朝倉攻めの途中で、浅井長政が離反し、織田軍は越前より離脱す。秀吉は殿軍として朝倉勢の攻撃を受けながら金ヶ崎より撤退する。

姉川の合戦後、信長の命により、虎御前山と横山城の守備にあたり浅井家を監視する。

天正元年(1573)8月27日、小谷城を攻撃す。この直前に、浅井長政の3人の娘を保護。
永禄11年(1568)4月信長の妹の於市と結婚す。8月6日、長政は信長を小谷城へ迎え、翌日沢山城へ向かう。永禄12年に茶々(淀殿)誕生す。永禄13年・元亀元年(1570)4月、織田軍は朝倉征伐の為京都を出発、4月25日に敦賀へ侵攻。
浅井長政は、久政らの圧力(説得)により信長との同盟を破棄す(長政謀叛)。
元亀元年(1570)6月28日、姉川で浅井・朝倉連合軍と織田・徳川連合軍が激突する(姉川の合戦)。午後には勝敗を決す(浅井・朝倉の敗北)。
元亀4年(1573)・天正元年8月27日、織田軍による小谷城総攻撃。父久政自刃。28日に長政自刃し小谷城落城。
(1545〜1573)
浅井萬福丸(長政子)
天正元年(1573)10月17日為織田信長所磔殺。年十歳(10歳)。法名.周芳。
(東浅井郡志)(信長公記)
(1564〜1573)
永禄7年頃の生。母は某。
浅井萬福丸(長政子)
織田右府(信長)の為に害せらる。
    (寛)
女(茶々、淀殿)(長政女)
太閤秀吉公室、秀頼公母。母織田右府信長公妹。號.小谷の御方、長政歿後再嫁柴田修理亮勝家。法名大広院殿。
(柳営婦女伝系)
女子(長政長女)
豊臣秀頼の母。
淀のかたと称す。
茶々・淀君(長政長女)
豊臣秀吉側室。
元和元年(1615)5月8日自刃(49)。(1567〜1615)
永禄10年頃誕生。(郡志)
女子(長政二女)
京極若狭守高次が室。
     (寛)
女(初)(長政女)(同上)
京極若狭守高次室。
法名常高院殿。
(柳営婦女伝系)
* 49歳という年齢に信憑性なし(小和田哲男)。
誕生は永禄12年頃とする説あり。(小和田氏著書)
女子(長政三女)
母は信秀の女。文禄4年(1596)9月17日、豊太閤の養女とならせ給ひ、伏見城に入御あり。台徳院殿(秀忠)の御臺所に立たせたまふ。
      (寛)
女(江子)(長政女)(母同上)
大相国秀忠公御台所。
寛永3年(1626)丙寅9月15日逝。法名崇源院殿一品大夫人。昌誉和興仁清大禅尼。
(柳営婦女伝系)
女子(関白秀吉妾、淀君)
大康院殿
初子(常高院)(長政二女)
京極高次室。
寛永10年(1633)8月27日卒(66歳)。(1568〜1633)
   (東浅井郡志)
浅井萬壽丸(長政子)
浅井長秀、號.正藝。傳法院。釋門に入、近江國長澤村福田寺の住職たり。
      (寛)
女子(京極宰相高次室)
常高院
達子(崇源院)(長政三女)
徳川秀忠御臺所。
寛永3年(1626)9月11日薨(54歳)。(1573〜1626)
   (東浅井郡志)
女子(徳川秀忠室)(崇源院)
浅井輝政(万福丸)(長政子)
浅井長春(喜八郎)(長政子)
浅井長明(虎千代丸)(長政子)
福田寺に落隠し、僧となり、伝法院正芸と云う。
浅井政治(円寿丸)(長政子)
(浅井系統一覧)
(近江浅井氏の研究)
尾張浅井氏一族(田宮丸・苅安賀浅井家)は、別系の可能性も考えられる。後世に近江浅井一族に系を繋げた可能性も否定されない。
戦国大名浅井氏は、近江浅井一族の傍系より惣領家を継承した可能性が高く、正親町三條公綱落胤説については、配流の事実が否定されているので、系図を整える過程で貴種へ系図を繋げ創作された可能性が高い。古代氏族の末裔土豪がその源流であろう。物部末裔説も伝説の域を出るものではない。
(2007.08.24)
 目次に戻る このページのトップへ移動
 戦国浅井氏諸系図
 
戦国浅井氏諸系図(ネットデーター) 戦国浅井氏諸系図(2)
戦国大名近江浅井氏の系図は、通説では三條家(正親町三條家)落胤系図が流布しているが、近年地元資料の再検討などで疑問視されている。落胤系図を否定すると、浅井氏一族はどのような系譜になるのか? 『系図纂要』の一本系図や、『柳営婦女伝系』の崇源院系図、『浅井氏系統一覧』などは、落胤系図とは異なる系図であり、しかも複雑である。古い部分は当然改竄なので除外するが、室町時代の部分は、充分検討に値する資料である。更には『東浅井郡志』の推定浅井氏系図は、浅井氏の復元系図を作成する上では大いに参考になった。前記の一覧と併せて見ていただきたい。参考系図を紹介の後、随時基本系図や参考文献から作成した系図を紹介していく。
目次に戻る このページのトップへ移動
戦国浅井氏諸系図(ネットデーター)
 
戦国浅井氏諸系図
 
目次に戻る このページのトップへ移動
戦国浅井氏諸系図(2)
 
戦国浅井氏諸系図(2)
 
※ 掲載系図の複製・転用を禁ず。
 
『戦国浅井氏諸系図』、『戦国浅井氏諸系図(2)』は、ネットデーターを中心に編纂した。ネットデーターは玉石混合で、信憑性に疑問なものもあるが、系図資料や地元の文献などにより作成されているものもあり、そういうものは資料追跡のヒントになる。実際に私がレファレンスにより入手の資料と同じものを出典とする系図もあった。全部は網羅できないが、今後の検証の参考になりそうなものを集めた。この後は、手持ちの系図資料やレファレンスにより入手の資料などを系図化したものも順次紹介する予定です。浅井氏は、戦国浅井三代以外の部分が不明瞭であるが、『柳営婦女伝系』や『系図纂要』一本系図或いは、『東浅井郡志・第二巻』巻末推定系図、その他系譜資料を合わせて検討しようと思う。尾張の浅井氏としては、『浅井系統一覧』などがあり、共通する部分、改竄の部分を考慮しながら検討材料に加えたい。浅井氏とは、どんな氏族の末裔か? 浅井一族はどんな広がりをみせているのか? 各種資料を勘案して検討していく。
(2007.9.9)
目次に戻る このページのトップへ移動
浅井氏一族の系譜
 
ここからは、基本系図集を含む各種浅井氏系図を紹介する。系譜としては、主に正親町三條家落胤系図と物部氏系藤原氏浅井系図に大別される。又、物部氏系浅井氏の姻族とする説と女系外孫の末とする見方がある。現時点で明確な系図は発見されていないので、これから紹介する系図は、推測の域を出るものではない。すべてが改竄系図であるので、複数の系譜を重ね合わせながら推定するしかない。又、同一出典でも異説(一本系図)を併記するものもあり、複雑怪奇である。多くの系譜を紹介しながら比較検討しようと考えている。
(2007.9.10)
近江浅井氏の系譜(1-1) 近江浅井氏の系譜(1-2) 柳営婦女伝系巻之七・崇源院伝系(浅井氏) 浅井系図
浅井氏(物部姓浅井郡司末裔) 浅井長政及び淀君の系 近江浅井氏一族系図 近江浅井氏一族  浅井氏家譜大成・浅井系統一覧 浅井氏家譜大成・浅井系統一覧(つづき) 近江浅井氏系図 浅井氏一族(幕臣浅井氏) 戦国大名浅井氏一族系図 近江浅井氏一族一門検証系図 近江浅井氏一族一門検証系図(2) 推定浅井氏一族系図 戦国大名浅井氏系譜の謎(1) 戦国大名浅井氏系譜の謎(2) 戦国大名浅井氏系譜の謎(3) 戦国大名浅井氏系譜の謎(4) 推定浅井氏一族系図(2) 推定浅井氏一族系図(3) 浅井氏の族葉 戦国大名浅井氏系譜の謎(5) 戦国大名浅井氏系譜の謎(6) 戦国大名浅井氏系譜の謎(7) 戦国大名浅井氏系譜の謎(8)
目次に戻る このページのトップへ移動
近江浅井氏の系譜(1-1)
近江浅井氏の系譜(1-1)
 
『系図纂要』は、落胤系図を基本とし、異説(一本系図)で、物部氏系藤原流浅井氏系図を紹介している。浅井氏が三條家の落胤という事に関しては、正親町三條公綱が、勅勘により近江に配流となり、土地の娘との間に一子を儲けたとする点に関しては、『姓氏家系大辞典』で、太田亮氏が疑問を呈しているし、「東浅井郡志」では、公綱の嘉吉年間の近江配流はないと指摘している。公綱が近江に来ていなければ、土地の娘との間に一子を儲けるという話は成立しない。従って落胤説は不成立となる。
(2007.9.10)
目次に戻る このページのトップへ移動
近江浅井氏の系譜(1-2)
近江浅井氏の系譜(1-2)
 
『系図纂要』の一本系図は、古い部分は虚構の系譜だが、室町時代以降においては注目すべき系図である。(1)浅井亮政が、浅井一族本流(惣領家)の蔵屋の婿と明記している点。(2)亮政以外の浅井一族を明記している点。これらは従来の落胤系図では確認出来ず、この系図は浅井一族系譜の謎を解く手がかりになるであろう。古い部分は明らかに虚構だが、室町時代以降については、検討すべき対象となろう。同様の系譜は、後述する『柳営婦女伝系』などにも掲載されており、江戸時代には傍系の系譜も確認されていたということであろう。『東浅井郡志』の推定系図は、この系図と重なる部分もあり、それなりに評価できる系図と云える。通説の落胤系図とは趣を異にするが、それなりに意味のある系図であると云えよう。古い部分は明らかに虚構だが、それをもってこの系図を全否定するなら、そういう研究者の姿勢を疑う。後で紹介する『浅井氏家譜大成・浅井系統一覧』も含めての検討が今後の課題と考える。今後は、『系図纂要』、『柳営婦女伝系』、『東浅井郡志』推定系図、『浅井氏家譜大成・浅井系統一覧』、『名古屋市史資料』なども含めて検討する。とりあえず、暫時参考系譜を紹介する。
(2007.9.12)
目次に戻る このページのトップへ移動
柳営婦女伝系巻之七・崇源院伝系(浅井氏)
柳営婦女伝系巻之七・崇源院伝系
 
『柳営婦女伝系』は、『系図纂要』一本系図と一部を除き、ほぼ同じ。根幹部分は共通である。古い部分は、『系図纂要』のところでも述べたが、虚構の系図である。この系譜では、浅井亮政が浅井一族傍系の出身であること及び、複数の浅井一族が確認出来、従来の落胤系図にはない特徴がある。浅井惣領家の血統は女系に引き継がれている。亮政の後は、田屋家から明政が入る。明政の後は、政亮(政高)が明政の女婿として継承し、その後は、男子誕生。直政は、幕府に仕える時に、崇源院に配慮し、浅井姓を三好姓に改めた。その子の政盛(監物)は、二千石の旗本となる。浅井氏の家督は、明政の義弟で、亮政の庶子(母は尼子氏と伝えられる)の久政が継承した。久政隠居後は、長政が継承する。長政は信長と同盟を結ぶが、数年後、信長の朝倉攻めで破綻する。長政は朝倉家と連携して信長と対峙するが、姉川の合戦、再度の朝倉攻めで朝倉家が滅亡の後、天正元年(1573)8月に小谷城を攻撃され、久政自刃の後、降伏勧告を拒否して自刃する。三人の娘は、織田方に渡され保護された。
尾張の浅井氏(苅安賀浅井氏、及び、浅井国幹一族)は、後に近江浅井一族に系譜を結び付けたものか?
(2007.9.14)
 目次に戻る このページのトップへ移動
浅井系図
 
浅井系図
 
※ 掲載系図の複製・転用を禁ず。
この系図は、『系図纂要』の通説系図と並び、雑誌などに引用されるオーソドックスな浅井系図である。日本史の権威と云われた桑田忠親も『日本武将列伝(秋田書店)』では、この系図を簡略化したものを引用掲載している。しかし、古い部分は明らかな改竄系図であり、落胤系図の疑義は戦前から指摘されているのに、なぜ再検証されなかったか疑問である。公家、とりわけ藤原氏は『尊卑分脈』でかなり確認出来るのに、公綱に女子しか記録かないということは、正親町三條家と浅井氏の血縁に疑義ありということである。古代の氏族系土豪の後裔の可能性が高まっているので、そちらも勘案しての検討が必要であろう。
(2007.9.18)
目次に戻る このページのトップへ移動
浅井氏(物部姓浅井郡司末裔)
 
浅井氏(物部姓浅井郡司末裔)系図
 
浅井氏の出自としては、落胤系図と物部系図があり、更には、氏政が物部信政(浅井信政)の女婿か、外孫かという説に分かれる。女婿説の場合、氏政を藤原公綱を同一人物として、通史の系図を作り上げている。外孫説の場合、実父の出自が不詳となる。女婿説で問題となるのは、正親町三條公綱が嘉吉年間に勅勘を蒙り、近江に配流されたという事実がないと、『東浅井郡志』で指摘されている問題である。それが本当なら、正親町三條公綱落胤説は、その根拠を失い不成立となる。
(2007.9.22)
目次に戻る このページのトップへ移動
浅井長政及び淀君の系
 
この系図は、落胤系図をベースとするが、浅井郡司物部氏との姻戚関係も示唆。(前記参照)
 
浅井長政及び淀君の系
 
この系図は、通説に近いものだが、浅井新八郎政高や浅井政重の位置関係に疑義あり。この関係は、近江浅井氏と尾張苅安賀浅井氏との間の系譜関係の有無にも関係するので注意したい。又、蔵屋の続柄にも疑問。蔵屋が赤尾氏の養女という位置付けは、『東浅井郡志』や、『柳営婦女伝系』からは確認されない。先達の研究に拠れば、蔵屋は、浅井直政の娘という位置付けである。他系譜との比較検討が必要。
(2007.9.28)
目次に戻る このページのトップへ移動
近江浅井氏一族系図
 
この系図は、主に『近江坂田郡志・中巻』を参考に、本文などを系図化した。これによれば、浅井亮政登場以前に数流の浅井家が存在している事を示唆している。地元の文書もそれを裏付けている。
 
近江浅井氏一族系図
 
近江浅井氏の系図は、戦国期に複数の家系があり、浅井亮政は、その一流・傍系の出身であることは、『近江坂田郡志・中巻』の記述からも伺える。徳昌寺の記録はその裏付けとなる。慶印は、浅井亮政の近親と推測されるが、浅井氏各家には、婚姻関係もあり、連合関係があり、後には主従関係に変化したのであろう。戦国大名浅井家は、浅井亮政が浅井惣領家に入り婿したことにより、一族惣領となり、併せて、近江の国人領主の盟主に推戴され、京極家との主従関係を保ちつつ、やがて戦国大名への転換を図り、三代目の長政の時に、六角家と断絶して以後、名実共に戦国大名になった。浅井家の系譜は、ここで紹介の系譜の他、別記紹介する『東浅井郡志』の系譜も勘案すると、「正親町三條家落胤系図」は疑惑の系譜と断じることができる。この系譜は以前から知られているが、ある歴史学の権威は、ほとんど無視しており、小和田哲男氏の研究により再注目されることとなった。異聞歴史館も、小和田氏の研究を勘案しながら、浅井系図を検討しているところである。ここから推定される系譜は、『柳営婦女伝系』や、『系図纂要』の一本系図の後半部分とも重なる部分もあり、充分検討に値する系譜と判断した。浅井系図を完全に復元するのは困難だが、戦国期の浅井系図については、輪郭が固まりつつある。
(2007.10.03)
目次に戻る このページのトップへ移動
近江浅井氏一族
 
近江浅井氏一族(系図)
 
『東浅井郡志・第二巻』掲載の浅井氏系図は、『柳営婦女伝系』及び『系図纂要』浅井氏一本系図の後半部分と概ね重なる。静岡大学教授の小和田哲男氏は、現状では、最も本来の系図に近いものと推定している。小和田氏は、『地方別 日本の名族・八・近畿編(新人物往来社)』の「浅井氏の項」でも、この系図を紹介されておられる。従来の三條家落胤系図とは異なり、戦国浅井家三代は、浅井氏の傍系より宗家を継承したことが確認される。具体的には、傍系の浅井亮政が浅井宗家の蔵屋に婿入りして浅井氏を継承。嫡女の鶴千代に田屋家より明政を婿に迎えたが、側室腹より久政が誕生したことで、亮政は庶子の久政への家督継承を考えた。家督争いの懸念もあったが、結局は男系たる久政が家督を継承した。しかし、外部では、明政が継承者と考えていた時期があるが、水面下での家督争いはあったが、結局は久政が継承者に決した。以後は、直系に関しては従来系図と同じだが、傍系については、整合しない部分もある(各系図資料参照)。どちらにしても、浅井氏傍系追跡のためには、参考になりうる系図である。
(2007.11.4)
目次に戻る このページのトップへ移動
浅井氏家譜大成・浅井系統一覧
 
浅井氏家譜大成・浅井系統一覧系図
 
この系図は浅井国幹に繋がる系譜である。古い部分は、「柳営婦女伝系」や「系図纂要」の一本系譜とも重なる部分がある。ただしこの系譜には幾つかの改竄がある。一本系図に落胤系図を合成したものである。「東浅井郡志」では、廣政の位置の人物は、直種と記す。
(2007.11.23)
 目次に戻る このページのトップへ移動
浅井氏家譜大成・浅井系統一覧(つづき)
 
浅井氏家譜大成・浅井系統一覧(つづき)
浅井国幹(医家)。本名浅井正典。浅井家十代(浅井家四十三世・医系十代)。愛知博愛社社長。漢方医存続運動家。江戸時代は、尾張徳川家に医家として仕えた。浅井長政一族の直系ではない。又、尾張苅安賀の浅井氏とも別系のようである。
浅井長政の男子は、基本系図集では、万福丸(萬福丸)は記すが、その実名を輝政とするのは、「浅井氏家譜大成・浅井系統一覧」の他には確認していない。又、その他の男子については、長春以下は基本系図では確認できない。歴史雑誌などに掲載の例はあるが、詳細な考証は成されていない。
万福丸を輝政とする点に関しては、小谷城落城後、潜伏逃亡中に捕らえられたが、元服前の少年であったと伝えられるので、実名(諱)を名乗ったとするのは疑問である。
(2007.12.2)
 目次に戻る このページのトップへ移動
近江浅井氏系図
 
近江浅井氏系図
 
ここまで各種浅井氏系図を紹介してきましたが、浅井一族系図を完全な形で復元することは出来なかった。しかし、近江浅井氏一族は以外と大きな一族である事が判明した。その一庶流が戦国大名浅井家である。本来は、近江の古代氏族、土豪の末裔と思われるが、浅井家も戦国大名の例に漏れず系図の改竄を行っており、正親町三條家(藤原氏)の落胤と称した。実際には近江浅井氏の末裔、郡司クラスの古族の末裔というところが、浅井氏の実際の系譜であろう。戦国大名浅井氏は、織田家の小谷城攻撃で滅亡する。しかし、傍系は生き残り、江戸時代には幕臣になった家系もある。その他に九州などには浅井長政の末裔と称する家系もある。俄には信じられないが、幼い子供であれば、家臣に紛れて脱出した可能性も考えられる。このあたりは、浅井氏の子孫編で検討したい。
(2008.1.20)
 目次に戻る このページのトップへ移動
浅井氏一族(幕臣浅井氏)
 
浅井氏一族(幕臣浅井氏)系図(ルーツ編)
 
『寛政重修諸家譜・第十二』によると、浅井利政と勝政(亮政)を兄弟とするが、『系図纂要』の通説系図(落胤系図)には、利政は記載なし。一本系図でも記載なし。疑問。幕臣となった後、崇源院が近江浅井氏の出身なので仮冒したか? 又、尾張苅安賀浅井氏の田宮丸の祖を久政兄の高政とする点ついては、愛知県の研究家の加藤國光氏が『尾張群書系図部集』で、近江の浅井に繋げるのは虚説と指摘、更には、尾張妙興寺領内中島郡浅井村の名主の浅井与六郎広次の子孫と記しておられる(広次から高政の間は不詳)。要するに尾張苅安賀浅井氏は近江浅井の一族に非ずという指摘である。『系図纂要』の通説系図(落胤系図)には、高政は記されているが夭折とす。子孫不明。尾張苅安賀浅井氏の出自には疑問があるということです。
(2009.12.20)
目次に戻る このページのトップへ移動
戦国大名浅井氏一族系図
 
戦国大名浅井氏一族系図
 
戦国浅井家は浅井直政より事実上始まる。血統上は傍系の浅井直種が直接の祖となる。どちらの人物も落胤系図には登場しない。この時点では浅井家は国人領主の一家に過ぎず、大名家への道筋をつけたのは浅井亮政である。一方本来の宗家になったかも知れない蔵屋の系統は、豊臣家に仕え、その後幕臣となる。江戸時代に三好と家名を改める。政盛の時に二千石となり、同族中では最高の禄高となる。家伝に寄れば三好に改めたのは、崇源院(浅井氏)を憚った為らしい。
(2009.12.21)
目次に戻る このページのトップへ移動
近江浅井氏一族一門検証系図
 
近江浅井氏一族検証系図
 
近江浅井氏一族の系図は諸説あり、完全復元は不可能である。近江の浅井郡司の末裔かと思われるが、正親町三條公綱落胤説が流布しており通説化しているが、公綱の近江配流には疑問があり、又、亮政の実父も地元の伝承などでは、浅井新次郎賢政でなく、浅井蔵人直種とする説あり。その時養父(浅井惣領家当主)は浅井直政(蔵屋の実父)と記す(別記系図参照)。
(2010.1.3)
目次に戻る このページのトップへ移動
近江浅井氏一族一門検証系図(2)
 
近江浅井氏一族一門検証系図(2)
 
浅井氏の各種系図が重ならないことは都度示してきたが、これは何回も系図改竄がなされた結果と云っても差し支えなかろう。大きくは正親町三條家落胤系図、敏達系藤原浅井系図、各古文書などから推定復元された『東浅井郡志』の「推定浅井氏系図」に分類される。これらは亮政以前については混乱している。現状では完全復元は不可能。
(2010.1.12)
目次に戻る このページのトップへ移動
推定浅井氏一族系図
 
推定浅井氏一族系図
 
各種系図を可能な範囲で重ねてみた。室町前期の浅井氏の系譜は推定できないが、後期・戦国期に関しては『東浅井郡志』や『柳営婦女伝系』などによりある程度の系譜が復元出来る。しかし、通説の正親町三條家落胤系図とは異なる部分が多い。この系図においては、浅井亮政は庶流の出身であることが明らかとなる。浅井氏の本流は、多くが「政」を通字として用い、近い庶流にも拡大する。三河浅井氏は「元」を通字として用いている。系譜を近江浅井に繋げるが別流の可能性も考えられる。系図仮冒か?
(2010.1.18)
目次に戻る このページのトップへ移動
戦国大名浅井氏系譜の謎(1)
 
戦国大名浅井氏系図の謎(1)
 
この系図は、ネットデーターをベースに作成したものだが、基本系図に登場しない人物が掲載されている。真贋は今後の課題である。『東浅井郡志』の系図にも掲載されていない人物がいる。どこまで精査できるかが復元のカギとなろう。前記掲載の各系図とも比較してご覧下さい。
(2010.1.24)
目次に戻る このページのトップへ移動
戦国大名浅井氏系譜の謎(2)
 
戦国大名浅井氏系譜の謎(2)
 
『浅井氏家譜大成』は、複数の系図を合成している。傍系浅井氏を少しでも本流に近づけようと系譜を改竄した可能性がある。前記の各系図と比べると、落胤系図(通史系図)と敏達・物部・藤原系図(『系図纂要・一本系図』、『柳営婦女伝系』の崇源院系図)を無理に合わせたような感じ。ただこれがすんなり受け入れられるかと云えば、細かな検討が必要になろう。浅井一族はなかなか難解。
(2010.1.25)
目次に戻る このページのトップへ移動
戦国大名浅井氏系譜の謎(3)
 
戦国大名浅井氏系譜の謎(3) 
近江浅井氏の系譜は一様でなく、基本系図集にも一本として異説系図を掲載しているし、地方の伝承やネット情報も含めると複雑怪奇。当然ながらネットには基本系図にない情報も出てくるから、どれだけ活字資料(歴史雑誌・書籍・論文等)により確認できるかが問題。とりあえずネット情報は、参考或いはヒントとして扱い、各種資料との突き合わせが必要。又、基本系図資料どうしでも一部に食い違いがあり慎重な検討を要する。「異聞歴史館」では複数の系図を(ネット情報も含め)掲載しているので、前記掲載の各系図とも比べて下さい。
(2010.1.26)
目次に戻る このページのトップへ移動
戦国大名浅井氏系譜の謎(4)
 
戦国大名浅井氏系譜の謎(4)
 
浅井氏の系譜は複雑怪奇。『寛政重修諸家譜』と『群書系図部集』も一致せず。基本系図では、ネットに掲載される人物の多くが欠落している。どちらにしても、浅井系図は謎が多い。
(2010.1.27)
目次に戻る このページのトップへ移動
戦国大名浅井氏系譜の謎(5)
推定浅井氏一族系図(2)
 
推定浅井氏一族系図(2)
 
この推定系図の続きは推定浅井氏一族系図(3)をご覧下さい。
浅井氏系図の完全復元は困難だが、「東浅井郡志」「近江坂田郡志」「地方別 日本の名族・八」などをベースに近江の浅井氏情報を追跡、他のサイト情報も勘案しながら作成した。前に作成の「推定浅井氏一族系図」とは若干異なる部分もあるが、「柳営婦女伝系」や「系図纂要・一本系図」との統合も視野にいれて編纂した。ただこれらの資料では、三河浅井氏(利政)との繋がりは確認できないので切り離し、近江系統のみとした。赤尾・奥村・前田氏は、『尾張群書系図部集』による。赤尾駿河守教政が浅井氏とすることについては、不明な点もあり今後の課題(「東浅井郡志」は否定的見解)。
(2010.2.3)
目次に戻る このページのトップへ移動
浅井氏の族葉
目次に戻る このページのトップへ移動
戦国大名浅井氏系譜の謎(5)
 
戦国大名浅井氏系譜の謎(5) 
『浅井日記』の「浅井系図」は、通説とは異なる系図である。久政を佐々木氏綱の子とするのは、基本系図にない記述である。
(2010.3.15)
 
目次に戻る このページのトップへ移動
戦国大名浅井氏系譜の謎(6)
 
戦国大名浅井氏系譜の謎(6)
 
前記の『浅井日記』で、浅井久政を六角氏綱の子で亮政の養子と記すが、氏綱が永正15年に没し、久政が大永6年の誕生であるならば両者に親子関係は成立せず、『浅井日記』の記述は虚構ということになる。又、久政が養子である場合、嫡女の婿養子である明政の家督継承権を亮政が覆す理由が生じない。亮政の庶子であるから、実子に家督を継承させようとしたのではなかろうか。しかし、実際は亮政が没するギリギリまで久政の家督継承権は確定されず、亮政の葬儀の時の本願寺からの香典が明政に届けられたという事は、水面下で家督継承の争いがあり、最後は久政が浅井家宗家男子ということで一門・家臣の承認を得たということであろう。当初亮政は明政に譲ろうとしたことは明確、だから自分の通称の新三郎を名乗らせている。
(2010.3.17)
目次に戻る このページのトップへ移動
戦国大名浅井氏系譜の謎(7)
 
戦国大名浅井氏系譜の謎(7) 
戦国大名浅井家の系図は、亮政以前は諸説あり混乱している。従来は著名な歴史学者や研究家も著書では正親町三條家落胤系図を掲載しており、半ば通説のように扱われるが、随分以前から一部研究者からは疑問が指摘されている。正親町三條公綱は、勅勘を蒙り都を追放されたとされるが、その時期に配流もなく朝廷に仕え、足利将軍家とも交流していることが「東浅井郡志」により指摘されているし、公綱に女子一名は記されるが、男子の記載はなく(『尊卑分脈』)、浅井重政を公綱の息子とすることには疑問が生じる。近江の古族の流れを汲む土豪が京極家に仕え、土豪から国人領主となり、京極家の没落と入れ替わりに北近江に台頭したのが浅井氏ということである。表舞台に登場するのは亮政から、それ以前は直政や直種(亮政の実父?)が断片的に地元の記録などに登場する。このあたりからが戦国浅井家の歴史時代ということであろう。
(2010.3.18)
目次に戻る このページのトップへ移動
戦国大名浅井氏系譜の謎(8)
 
戦国大名浅井氏系譜の謎(8)
 
『尾張群書系図部集』では、赤尾氏は正親町三條公綱の後裔であり、家祖の家綱は、浅井氏家祖の重政の異母兄弟と記している。又、浅井亮政の兄とされる教政も、『群書系図部集(原典は「正続群書類従・系譜部)(続群書類従完成会)』の「浅井系図」では赤尾駿河守と記され、赤尾氏が浅井氏の一族若しくは同族という扱いである。しかし、比較的信憑性のある資料では、正親町三條公綱が勅勘を蒙ったり、配流になったという記述は確認されず、落胤伝承そのものに疑義が指摘されつつある。又、正親町三條家は小谷に領地は有せず(近江國坂田郡加田村加田庄であり、浅井郡丁野村や小谷など浅井郡周辺は、大覚寺領、これは『東浅井郡志』で指摘されている)、公綱が小谷に閑居することはあり得ないから赤尾氏の伝承も怪しくなる。なにより源平藤橘に関して比較的信憑性が高いとされる『尊卑分脈(新訂増補國史大系・尊卑分脉・第一篇)(吉川弘文舘)』に於いて、公綱の義弟(実は甥)には複数の男子、更には孫も記すのに、公綱には平貞陸(伊勢貞陸)に嫁した女子一名(貞能の母)しか記さず、他に女子も男子も記載なし。即ち公綱には男子がなく、正親町三條家は義弟の公治が継承したというわけである。家綱も重政も正親町三條家庶子とは認知されず、落胤伝承は事実上頓挫している。『日本武将列伝(桑田忠親、秋田書店)』で浅井系図を掲載している桑田忠親氏も、自分が掲載した落胤系図に対して何ら学術的検証・考証は行っていない。現在は浅井氏系図の復元は行われてはいないが、「落胤伝承」は、宮島敬一氏や小和田哲男氏らにより事実上否定されている(『浅井氏三代』、『近江浅井氏の研究』など)。これらを考え合わせると、赤尾駿河守が浅井氏であるという点については疑問を抱かざるを得ない。赤尾氏に関しては別記の赤尾氏系図もご覧下さい。
赤尾氏・池田氏系図 赤尾氏(赤尾駿河守一族の系) 浅井教政・蔵屋と赤尾駿河守の系
赤尾駿河守に関しては諸説あり、どれが正しい系図かの判定は極めて困難であるが、単純に浅井亮政の兄とは断定できない状況である。
(2010.3.20)
目次に戻る このページのトップへ移動
近江浅井氏一族(ルーツ編)
本章では冒頭に『姓氏家系大辞典』によって各種浅井系図の概略を紹介した。本項の主題はあくまで戦国大名浅井氏一族の系譜探査である。戦国大名浅井氏の研究については、小和田哲男静岡大学名誉教授や、小和田氏の研究グループに属する学者によって為されているので、浅井氏研究そのものはそちらに委ねる。異聞歴史館はあくまで、浅井一族の系譜探査が主眼である。通常戦国大名近江浅井家と云えば浅井亮政・久政・長政の三代で、三代目の浅井長政が一時は織田信長と姻戚関係になりながら、将軍足利義昭が仕掛けた謀略に乗った朝倉家の造反により、室町幕府(実質は徳川家を幕下に加えた織田政権)による朝倉攻めが敢行され(実態は織田信長による朝倉征伐)、朝倉家と誼のある浅井家は信長から離反、織田・浅井同盟は決裂し、姉川の合戦後、織田軍に包囲され、最後は小谷城での籠城戦の後滅亡する。そこで浅井の歴史は終わるはずであるが、女系は豊臣・京極・徳川と繋がり、後の天下統一戦に振り回されることになる。浅井一族は小谷落城後一部を除き潜伏することになるが、信長が本能寺で討たれ、羽柴秀吉が織田政権の継承に成功すると、復活のチャンスが到来する。茶々が秀吉の側室になると何人かの浅井一族の男女が茶々(淀殿)の周辺に集結する。或いは前田家に密かに匿われ、その血脈を後世に伝えた。他にも長政の庶子が旧臣に守られ、阿波や九州で生き延びたという所伝も確認される。それらの中には貴種流離譚の類もあろうが、庶民の家系ではなく正式な武士として存続した家系もあり注目に値する。それについては族葉篇(一族編、或いは子孫編)で触れることにする。
 本章は、一部族葉編の系譜とも重複するが、ルーツの検証を主眼とするので御理解願いたい。
近江浅井氏一族は、各種系図を勘案するに、おおよそ三種類に分類される。

正親町三條公綱落胤系図(藤原公綱―浅井重政―忠政―政賢―亮政―久政―長政―萬福丸)

敏達・物部・藤原系図(敏達天皇…高義―宗政―直政―氏政―廣政―亮政―久政―長政)

○ 物部系図(物部荒山―奈洗…常永浅井秀政―信政―女―[氏政]―重政―忠政―賢政―亮政)

である。しかし、古い部分については信憑性に問題がある。『群書系図部集』、『系図纂要』、『柳営婦女伝系』、『古代氏族系譜集成』などからは、概ねこの三系に絞り込まれるが、『尊卑分脈』などにより正親町三條公綱落胤系図は否定される方向。そうなると亮政以前の浅井氏の系図については再検討を迫られることになる。即ち、亮政以前は何処まで遡れるかという問題である。地元資料を中心に編纂された『東浅井郡志』によれば、亮政の実父と養父・養祖母までは遡れそうである。
○ 文和慶集尼―浅井直政=亮政―久政―長政―萬福丸
○ 浅井直種―亮政(直政婿養子)―久政―長政―萬福丸
つまり、
戦国大名浅井氏は長政の曾祖父あたりまでしか文献確認が出来ないというのが現状である。浅井家が京極家家臣であったことは、根本被官である十二家の中に浅井も記されているから古くからの家臣であろうが、残念ながらその当主の名前は明らかにはされていない(小和田哲男氏の『近江浅井氏の研究』でも明記されず)。併せて落胤系図の流布により亮政系以外の浅井一族は系図抹殺され『群書系図部集』の「浅井系図」では亮政の実家の系譜すらも記されていない。又、浅井正統の蔵屋の系統も抹殺され、『新訂寛政重修諸家譜』では、蔵屋に直結する部分は消され途中から掲載している(『幕臣浅井系三好氏系図』)。しかし、頭隠して尻隠さずではないが、将軍秀忠の正室崇源院(江・浅井達子)の系図を掲載する『柳営婦女伝系』の崇源院系図では、氏政以下で浅井庶流を掲載し、『系図纂要・一本系図』ともある程度共通の部分もあり、検討の余地が残る。これらの系図では、浅井系三好系図や金澤藩士の今木・浅井氏に繋がる部分も確認でき、幻の浅井一族系図復元の一助になると考える。逆に通説系図に大野木とか三田村とか赤尾とか記されているが、別流を組み込んだのではという疑問も浮上する。大野木・三田村・赤尾氏は、根本被官である十二家の中に含まれているからである。しかもこれら三家の系図は、系図研究に通常用いる『尊卑分脈』、『群書系図部集』、『系図纂要』及び参考に利用する『姓氏家系大辞典』にも明確な系図は掲載されていないから、浅井氏との関わりも含め追跡が困難になっている。将軍正室の実家の系譜が土豪出身では何か不都合なことがあるのであろうか?系譜を飾るために藤原氏で、摂関家には繋げるのはありにもあからさまであり、大臣家の流れの三條家一流の正親町三條家の落胤としたのであろうか?どちらにしても浅井氏一族の系譜探査は簡単にはいかないということである。
別章で重複系図が登場するが、とりあえずここで
ルーツ編は一旦区切りとする。次の系譜復元の叩き台として「推定浅井氏一族系図(2)」を掲載しておきます。(以下浅井氏の族葉へ続く)
(2010.3.21)
目次に戻る このページのトップへ移動
リポート集トップへ戻る
Copyright (C) Kakeiken. All Rights Reserved.