扶桑家系研究所 リポート22 
トップ > リポート集 > リポート22
館内案内
扶桑家系研究所 リポート22
玉木氏・杉氏・吉田氏一族の系譜
 目次へ
杉文と其の一族
文左衛門@−七郎兵衛A−文左衛門B−七兵衛C−百合之助D−美和子)(久坂玄瑞妻、楫取素彦後妻)=久坂久米次郎(楫取道明)―楫取三郎−松若−智彦
長州杉氏一族の系譜
  杉文(久坂文楫取美和子)は、萩藩士杉百合之助常道の女(姉妹に千代・寿・艶がいる)として生まれた。杉家の家格は下士であり、禄高は二十六石の薄給。家族は大所帯で、十人前後が住んでいた。家禄だけでは生活できず、田畑を耕しながら生きてきた。杉家は平凡な下級藩士であったが、一族からは、学者・教育者も出ており、激動の幕末維新にかかわることになる。
  文の最初の夫は、松下村塾の俊才の久坂玄瑞であり、二人目の夫は、姉の寿が嫁した小田村伊之助(後に楫取素彦と改名)に嫁す。小田村伊之助は、一時、松下村塾を主宰した。文は、美和子に名前を改める。楫取素彦は、初代群馬県令となり、その後、男爵に叙され、華族に列す
文左衛門@−七郎兵衛A−文左衛門B−七兵衛C−百合之助D−寿(楫取素彦妻)−楫取道明―三郎−松若−智彦
寿(久子)(杉百合之助二女)(天保9〜明治14)(1838〜1881)
文左衛門@−七郎兵衛A−文左衛門B−七兵衛C−百合之助D−美和子)(久坂玄瑞妻、楫取素彦後妻)=久坂久米次郎(楫取道明)
美和子)(杉百合之助四女)(弘化2〜大正10)(1845〜1921)
小田村吉平=伊之助−希家
小田村吉平=伊之助(楫取素彦−道明−治子(小田村有芳夫人−小田村嘉穂
小田村吉平=伊之助(楫取素彦−道明−三郎−松若−智彦
小田村吉平=伊之助(楫取素彦−道明−三郎−松若−能彦−高志
久坂良廸−玄瑞=久米次郎(楫取道明)−榛太郎(久坂榛太郎)
玉木梅之助秀徳D−十右衛門正路E=文之進正■F−彦助正弘G=直人正誼(乃木希典弟)H−正之I−正光J
  ※ 正■(まさかぬ)→■=(韋+温−シ)(韋+鰮−魚)→玉木文之進
乃木瑞栄−玉木政春@−貞政A−春行B−春巷C=秀徳D−正路E=正■F−正弘G=正誼H−正之I−正光J
目次
1. 玉木氏・杉氏・吉田氏一族(1)(玉木氏) 『松蔭吉田寅次郎伝』、『吉田松蔭と松下村塾の青春』、『吉田松蔭-物語と史蹟をたずねて』、他。
2. 玉木氏・杉氏・吉田氏一族(2)(吉田氏) 『松蔭吉田寅次郎伝』、『吉田松蔭と松下村塾の青春』、『吉田松蔭-物語と史蹟をたずねて』、他。
3. 玉木氏・杉氏・吉田氏一族(3)(杉氏) 『松蔭吉田寅次郎伝』、『吉田松蔭と松下村塾の青春』、『吉田松蔭-物語と史蹟をたずねて』、他。
4. 玉木氏・杉氏・吉田氏一族(4)(姻族) 『松蔭吉田寅次郎伝』、『吉田松蔭と松下村塾の青春』、『吉田松蔭-物語と史蹟をたずねて』、他。
5. 玉木氏・杉氏・吉田氏一族(5)(姻族)  『華族譜要』、『角川日本姓氏歴史人物大辞典35山口県』、『三百藩家臣人名事典』、他。
6. 玉木氏・杉氏・吉田氏一族(6)(姻族) 『平成新修恭華族家系大成』、『角川日本姓氏歴史人物大辞典35山口県』、『三百藩家臣人名事典』、他。
7. 玉木氏・杉氏・吉田氏一族(7)(姻族) 『平成新修恭華族家系大成』、『角川日本姓氏歴史人物大辞典35山口県』、『三百藩家臣人名事典』、他。
8. 玉木氏・杉氏・吉田氏一族(8)(姻族)
9.
10.
11.
12.
13.
このページのトップへ移動
玉木氏・杉氏・吉田氏一族(1)
  
玉木・杉・吉田氏(1)
  
玉木文之進は、松下村塾の創塾者・初代塾長である。玉木文之進は、杉家の出身で、吉田松陰の叔父に当たる。文之進の養子の正誼は、乃木希典の実弟で、萩の乱では、前原一誠に荷担。実兄の乃木希典は、政府軍として兄弟対決。萩の乱では、養子の正誼や門弟が参加し、反乱軍が敗れると、文之進も自刃した。
(2014.12.25)
このページのトップへ移動
玉木氏・杉氏・吉田氏一族(2)
  
玉木氏・杉氏・吉田氏一族(2)
  
  ※ 正■(まさかぬ)→■=(韋+温−シ)(韋+鰮−魚)→玉木文之進
吉田家は、杉家と縁組みや姻戚関係を繰り返し、濃密な関係を形成している。吉田家は、杉家を介して、玉木家とも姻戚関係を形成する。
(2015.1.2)
このページのトップへ移動
玉木氏・杉氏・吉田氏一族(3)
  
玉木・杉・吉田氏一族(3)
  
  ※ 正■(まさかぬ)→■=(韋+温−シ)(韋+鰮−魚)→玉木文之進
吉田家は、養子相続で家系を繋ぐが、吉田重矩の血脈は、杉家を介して松陰に至る。松下村塾の初代塾長の玉木文之進も杉家の血脈であり、吉田松陰の師であり、叔父でもある。吉田家と杉家の血脈は、幾度も縁組みしている。
(2015.1.4)
このページのトップへ移動
玉木氏・杉氏・吉田氏一族(4)
  
玉木・杉・吉田氏一族(4)
  
  ※ 正■(まさかぬ)→■=(韋+温−シ)(韋+鰮−魚)→玉木文之進
松下村塾は、玉木氏のあと久保氏が名跡継承し、その後松陰が継承した。
(2015.1.6)
このページのトップへ移動
玉木氏・杉氏・吉田氏一族(5)
  
玉木氏・杉氏・吉田氏一族(5)
   
  ※ ■山(ふざん)■=(鹿+院−完)
吉田松陰の妹の文(美和子は、初め久坂玄瑞に嫁し、後、姉の夫の小田村素太郎(楫取素彦の後妻となる。
(2015.1.8)
このページのトップへ移動
玉木氏・杉氏・吉田氏一族(6)
  
玉木・杉・吉田氏(6)
  
 ※ ■山(ふざん)■=(鹿+院−完)
楫取道明と文(美和子)は、二度親子となる。文は、最初久坂玄瑞に嫁し、実子のなかった文は、姉の子の久米二郎を久坂家の養子に迎える。藩の承認により名跡継承人となるが、明治になり、久坂玄瑞の息子と名乗る人物が現れ、品川弥次郎らの後援により久坂家継承者になると、実家に戻り、文との親子関係は消滅する。姉の寿が亡くなると、文は、小田村素太郎(楫取素彦)の後妻として小田村家に嫁し、先妻(姉の寿)の子供の継母となり、久米二郎とは、再び親子となる。久米二郎は、父が楫取姓を称すると、楫取家継承者となり、楫取道明と名乗る。小田村家は、希哲が名跡継承者となる。しかし、道明は、台湾に赴任後、教育普及に務めるが、住民の一部に襲撃され、他の教師と共に殺害された。父に先立ち死し、文(美和子)は、実子のように慈しんだ最愛の息子を失った。楫取家(男爵家)は、遺児の三郎が嫡孫継承して、男爵家二代目当主となる。
(2015.1.10)
このページのトップへ移動
玉木氏・杉氏・吉田氏一族(7)
  
玉木・杉・吉田氏(7)
 ※ 正■(まさかぬ)→■=(韋+温−シ)(韋+鰮−魚)→玉木文之進
久坂義助通武(久坂玄瑞は、17歳の時、松下村塾に入り頭角を表し、高杉晋作と共に松陰門人の双璧と称された。安政4年、松陰の妹の文(杉文)を妻に迎えた。元治元年7月19日の早朝の禁門の変で会津・越前・薩摩軍に包囲され負傷し、寺島忠三郎と差し違え自刃する(享年25歳)。文との間には実子はない。養子の久米次郎が藩から後継者に認定されたが、明治になり愛人の子の秀次郎が、品川弥次郎らの後援で久坂家を相続する。久米次郎は実家に戻り、文も後に久坂家を離れる(これにより、久坂家と杉家の姻戚関係は消滅した)。
(2015.1.12)
久坂氏略系図
久坂良悦−良廸玄瑞秀次郎誠一恵一佳照
久坂良悦−良廸玄瑞=久米次郎(楫取道明)−榛太郎(久坂榛太郎)
 
玉木文之進 松下村塾創塾者・初代塾長。吉田松陰の師であり叔父。萩の乱の後自刃。
玉木彦助 玉木文之進嫡子。吉田松陰従兄弟。慶応元年(1865年)1月、山県有朋らと出陣、重傷を負い、その後、小郡で死去。(玉木文之進彦助
高須滝之允 杉家の縁戚。高須十右衛門の嫡子。吉田松陰の兵学門下。短期で離脱。精鋭隊(俗論党)に属す。慶応2年、輸送船から転落溺死。(高須十右衛門滝之允
佐々木梅三郎 佐々木四郎兵衛の三男。松下村塾塾生。安政5年夏頃離脱か?その後の動静不明。明治21年北海道へ移住。(佐々木四郎兵衛梅三郎
佐々木亀之助 佐々木四郎兵衛の嫡男。兵学門下。松下村塾に出入りも、安政4年正月以後は出入りを避ける。同年3月以後は動静不明。文久3年(1863年)10月上関義勇隊総督。明治維新後消息不明。明治21年北海道へ移住。大正3年(1914年)没(享年80歳)。(佐々木四郎兵衛亀之助
斎藤栄蔵
境二郎
斎藤貞順二男(境与三兵衛嫡子)。嘉永3年(1850)3月10日、兵学門下。明倫館でも松陰に学ぶ。文久元年(1861)世子公近侍。のち明倫館教授明治11年島根県令となる。明治33年没。(斎藤貞順栄蔵〈境二郎
松崎武人
赤根武人
医師松崎三宅の長男。のち赤根忠右衛門(寄組浦氏家臣)の養子となる。僧月性の時習館に学ぶ。京都出て梅田雲浜の望南塾に学ぶ。松陰に命じられて伏見獄舎を破壊するが、雲浜らの救出は果たせなかった。奇兵隊創設に高杉晋作らと奔走する。文久3年(1863年)10月、奇兵隊第三代総督に就任。慶応元年(1865年)藩論統一に関し高杉らと対立、脱走して幕吏に捕らわれた。第二次長州征伐の直前、藩恭順派(俗論党)との画策を恐れたかつての同志に捕らわれ、翌年1月15日、山口で斬罪に処された。※諸隊を俗論党に売り渡そうとしたと疑われ、筑前に逃亡しようとして捕らわれた。(松崎三宅−武人)(赤根忠右衛門=武人
倉橋直之助 倉橋久右衛門の子。安政3年(1856)8月23日来塾。安政4年以降の動静不詳。(倉橋久右衛門−直之助)
岡部繁之助(仁之助) 安政3年、兵学門下。元治元年(1864)世子公近侍。大正8年(1919)没(享年78歳)。
増野徳民 地下医増野寛道の長男。一時杉家に下宿する。在塾中は、身辺を世話する。明治10年(1877)没。
佐々木謙蔵 佐々木四郎兵衛の二男。来塾時点では佐々木姓だが、のちに渡辺家に養子に入る。安政3年(1856)10月頃来塾。文久3年以降、動向不詳。(佐々木四郎兵衛−謙蔵
吉田栄太郎
吉田稔麿
足軽(吉田)清内の子。はじめ久保五郎右衛門の塾に学び、伊藤利助(伊藤博文)と同窓。安政3年11月25日来塾。元治元年(1864)6月、池田屋事件で重傷を負う。藩邸まで逃げ延び自刃する(享年24歳)。(吉田清内−稔麿
松浦亀太郎
松浦松洞
安政3年11月頃来塾。画才があり、吉田松陰の肖像を描く。松陰没後の村塾の勉強会の中心人物の1人となる。文久2年(1862)4月13日、公武合体論が日増しに強くなる情勢に憤慨し、京都栗田山で自刃する(享年26歳)。
中谷松三郎
(中谷正亮)
中谷市左衛門の三男。嘉永4年(1851)3月、藩主の江戸出府に随行したとき松陰と出会う。嘉永6年11月13日兵学門下。安政3年12月頃より村塾に出入りする。その後村塾との関係が途切れるが、万延元年(1860)頃より再び村塾に出入りする。久坂、高杉らと図って村塾グループの終結に奔走する。文久2年(1862)8月病に罹り急死した(享年32歳)。
福川犀之助 旧姓高橋。獄屋番福川家の養子となる。松陰との出会いは、野山獄であった。看守と囚人故、公然化出来ない師弟関係。後に松陰の友人の土屋簫海の八江塾に学ぶ。実弟は高橋藤之助。
平野植之助
(平野清実)
久保塾に通い、松陰にも学ぶ。松陰没後再興された村塾にも学ぶ。慶応元年(1865)以降、動向・消息不明。
国司仙吉 国司作兵衛の嫡子。安政4年(1857)正月5日、村塾に通う。同年2月28日兵学門下。安政5年正月、久保清太郎門下と称する。獄中の師には接触しなかったよう。後に渋谷江三郎門人と称す。その後、村塾グループにも奇兵隊にも参加した形跡がないよう。明治6年に秋田県権令となる。没年は不明。(国司作兵衛−仙吉
大賀春哉 安政4年1月10日の「孟子」の会講に増野徳民ら5名と机を並べる。8月に油代として札銀三分納入と記されるが、その後の動向不明。
久保清太郎
久保断三
久保五郎左衛門の長男。玉木文之進の松下村塾に学び、松陰兄弟と机を並べた。嘉永元年(1848)正月9日兵学門下となり、独立した師範になった松陰に明倫館で学ぶ。安政2年(1855)江戸勤務となり、草創期の村塾には関係せず。安政4年4月帰国後は村塾にも出入りする。富永有隣・中谷正亮らとともに助教的存在となる。文久3年(1863)3月以後、明倫館、三田尻講習堂出勤、更には船木や吉田の代官となり教育現場を離れる。維新後は山口藩に出仕、権大参事、参事をへて、明治8年(1875)度会県権令に任じられた。明治11年没(享年47歳)。(久保五郎左衛門−断三
岡部富太郎 岡部藤吾の長男。はじめ来原良蔵・土屋蕭海らに学び、明倫館に入る。安政5年(1858)8月18日兵学門下。来塾は、安政4年春。伯父の来原の紹介によるという。弟の繁之助も前年から塾生。後に久坂らと勉強会を始める。馬関攘夷戦では、大組隊(干城隊)わ組織し副長参謀として活躍するも、あまり陽の当たるポストにはついていない。明治28年(1895)没(享年56歳)。(岡部藤吾−富太郎)
有吉熊次郎 有吉忠助の二男。安政5年正月17日兵学門下。前年に入塾したらしい。元治元年(1864)7月、禁門の変に出撃、重傷を負い自刃する。(有吉忠助−熊次郎)
滝弥太郎
馬島春海
村上卯七郎
土屋恭平
熊野寅次郎(虎次郎)
妻木寿之進
大野音三郎
藤野荒次郎(市二郎)
入江宇一郎(卯一郎)
冷泉雅二郎
(天野御民)
岸田多門
横山重五郎(幾太)
駒井政五郎
阿座上正蔵
瀬能百合熊
このページのトップへ移動
玉木氏・杉氏・吉田氏一族(8)
このページのトップへ移動
戻る
リポート集トップへ戻る