扶桑家系研究所 リポート16 
トップ > リポート集 > リポート16
館内案内
扶桑家系研究所 リポート16
平家伝説・揚羽蝶の系譜
目次へ
六波羅平家一門及び伝説の系譜
平家は、桓武天皇末裔で高見王の末裔である武家平氏で坂東平氏から分かれた伊勢平氏の傍流六波羅平氏桓武天皇末裔で高棟王の末裔の堂上平氏(公家平氏)の傍流である時信流平氏が合体し誕生、平清盛を総帥とする。そのレールを敷いたのは清盛の父の平忠盛である(養父説もある)。
平家の中核である六波羅平氏は、平正盛を事実上の家祖と位置付ける。伊勢・伊賀などを拠点に勢力を広げ、所領(父の遺領)を六条院に寄進し、白河法皇のお気に入りとなり中央との繋がりを確かなものにした。当初は院政政権の傭兵隊長程度であったが、瀬戸内海の海賊を平定するなどして、伊勢平氏が平氏の棟梁と認めさせることになる。正盛の息子の忠盛は昇殿を許され、平家飛躍の道を開く。
六波羅平家
 
平正盛@忠盛A清盛B重盛C維盛D妙覚(童名.六代丸)E『尊卑分脈』
 
妙覚の童名.六代丸は、六波羅平家六代目の正統を意味するが、重盛没後、総帥権を宗盛に奪われ、維盛・資盛兄弟の小松一門は、事実上分家扱いとなり一門での地位が低下する。これが一ノ谷合戦後の維盛の一門離脱に繋がることになる。これが後の維盛伝説に繋がる。一方資盛も壇ノ浦から脱出し、安徳天皇らと奄美群島に逃れ、長濱天皇の伝説に絡むことになる。 この資盛の落胤末裔と称するのが尾張の織田信長であることは広く知られている(その血脈には諸説あるが、織田剣神社神官の家系を継承した越前織田家の末裔が尾張織田一族で、忌部氏或いは藤原氏末裔と云われるが、正確なところはよく分からない)※ 信長の家系に関しては織田一族の系譜を御覧下さい。
 
平家の嫡流は、妙覚が鎌倉幕府に処刑され断絶する。これが正史であるが、維盛や資盛は源平合戦で死亡せず、密かに逃れで血脈を残すという。小松家一族だけでなく、清盛の弟や息子の一部も逃れて血脈を残すという。戦国大名の中には平家末裔と称する家系もある。歴史の闇をすべて伝説とは断定しがたい。多くは系譜仮冒による落胤伝承と思われるが、もしかすると本物の落胤がいるかもしれない。
 
平清盛重盛(小松殿)維盛―高清(六代.妙覚)―清重@(祢寝清重、本姓を建部に改める)…重張P
この家系の末裔が、幕末に活躍した小松帯刀(薩摩藩家老)である。
「平重盛末裔の伝承―弥寝家(根占献一.著)」平成6年『歴史と旅』臨時増刊(1/10)「新・苗字事典」
藤原頼光―頼貞―建部頼清―頼貞―清房―祢寝清重―清忠  ※ 平家末裔説に疑問あり。
「平重盛末裔の伝承―弥寝家(根占献一.著)」平成6年『歴史と旅』臨時増刊(1/10)「新・苗字事典」
 『歴史と旅』がタイトルに弥寝家と記すが、「祢寝家」と記すべきではなかろうか?
 祢寝氏(ねじめ)→禰寝氏・根占氏
 
目次
1. 平家伝説序章(1)(桓武平氏略系図) 『平家嫡流末裔・信州小松氏の物語』
2. 平家伝説序章(2)(伊勢平氏) 『平家嫡流末裔・信州小松氏の物語』
3. 平家伝説序章(3)(小松家略系図) 『長野県姓氏家系大辞典』、『姓氏家系大辞典』
4. 平家伝説序章(4)(小松家一族) 『系図研究の基礎知識』、『姓氏家系大辞典』、『系譜と傳記』
5. 平家伝説序章(5)(小松家一族)  『熊野地方の落人達』(ネットデーター)
6. 平家伝説序章(6)(維盛伝説) 『熊野地方の落人達』(ネットデーター)、
7. 平家伝説序章(7)(維盛伝説) 『後南朝 尊雅王子は蘇る/平維盛残照(秋田殖康.著)』、『後南朝の殿 尊雅王子/尊雅王は怨念大菩薩(秋田殖康.編著)』
8. 平家伝説序章(8)(平家一門) 『歴史と旅 昭和55年9月号』、『歴史読本 昭和60年4月号』
9. 平家伝説序章(9)(頼盛流・鬼丸氏) 『「さつま」の姓氏』、『新訂増補國史大系 尊卑分脈』、『群書系図部集』、他。
10. 平家伝説序章(10)(頼盛流・鬼丸氏・2) 『「さつま」の姓氏』、『群書系図部集』、他。
11. 平家伝説序章(11)(頼盛流・池氏) 『越佐歴史物語』、『姓氏家系大辞典』、『新訂増補國史大系 尊卑分脈』、『群書系図部集』、他。
12. 平家伝説序章(12)(安村氏) 『日本家系・系図大事典』、他。
13. 平家伝説序章(13)(大磯、財部、八木氏) 『「さつま」の姓氏』、『新訂増補國史大系 尊卑分脈』
14. 平家伝説序章(14)(佐多氏、野田氏) 『「さつま」の姓氏』、『新訂増補國史大系 尊卑分脈』
15. 平家伝説序章(15)(池袋、細山田、前田氏) 『「さつま」の姓氏』、『新訂増補國史大系 尊卑分脈』、『鹿児島県姓氏家系大辞典』、他。
16. 平家伝説序章(16)(平知盛・平資盛・安徳天皇) 『落人伝説の旅・平家谷秘話』
17. 平家伝説序章(17)(玉置氏1) 『系譜と傳記・2』、『戦国大名家370出自総覧』、『姓氏家系大辞典』
18. 平家伝説序章(18)(玉置氏2) 『戦国大名家370出自総覧』、『古代氏族系譜集成』、他。
19. 平家伝説序章(19)(正盛流1.長野・戸沢) 各種ネットデーター。
20. 平家伝説序章(20)(正盛流2.戸沢・宇久) 『日本系譜綜覧』、各種ネットデーター。
21. 平家伝説序章(21)(中根氏1) 『日本家系・系図大事典』、『系図纂要』、『新訂寛政重修諸家譜』、『新訂増補國史大系 尊卑分脈』、他。
22. 平家伝説序章(22)(中根氏2) 『新訂寛政重修諸家譜』
23. 平家伝説序章(23)(中根氏3) 『新訂寛政重修諸家譜』、『徳川旗本八万騎 人物系譜総覧』
24. 平家伝説序章(24)(中根氏4) 『新訂寛政重修諸家譜』、『江戸幕府人名事典』
25. 平家伝説序章(25)(中根氏5) 『新訂寛政重修諸家譜』
26. 平家伝説序章(26)(中根氏6) 『新訂寛政重修諸家譜』
27. 平家伝説序章(27)(中根氏7) 『新訂寛政重修諸家譜』
28. 平家伝説序章(28)(中根氏8) 『新訂寛政重修諸家譜』
29. 平家伝説序章(29)(中根氏9) 『新訂寛政重修諸家譜』
30. 平家伝説序章(30)(中根氏10) 『新訂寛政重修諸家譜』
31. 平家伝説序章(31)(中根氏11) 『新訂寛政重修諸家譜』
32. 平家伝説序章(32)(中根氏12) 『新訂寛政重修諸家譜』
平家伝説・本編
このページのトップへ移動
平家伝説序章(1)
 
平家伝説序章(1)(桓武平氏略系図)
 
小松暁夫氏は、信州小松氏を平家嫡流とする。最初に平家の基本系図(略系図)を紹介する。しかし、同書では信州小松氏の系図は掲載されず詳細は不明。小松家(重盛流)は、重盛没後平家惣領家の地位を失い、後に一門からも疎んじられる。平家打倒を企てた藤原成親(鹿ヶ谷事件の首謀者の一人)と姻戚関係にあったことも影響していると思われる。
(2011.11.5)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(2)
 
平家伝説序章(2)
 
六波羅平氏は、伊勢平氏の傍流である。正盛の時に白河法皇に接近し北面の武士となり、平家隆盛の足掛かりを築く。次の忠盛の時に公家平氏と姻戚関係を結び後の平家一門の基盤を形成する。公家平氏と合体した六波羅平氏は平氏一族の棟梁となる。次代の清盛は、保元・平治の乱を乗り越え平家の黄金時代を築く。平家は重盛没後分裂、小松家一族は本流から外されていく。又、池殿一族も宗盛一門から距離をとる。頼朝助命と鹿ヶ谷事件が平家一門から両家を引き剥がすことになる。
(2011.11.6)
小松暁夫氏の著書に寄れば、維盛は屋島で平家一門から離脱、高野山から熊野に至り、更には遠州から信州に逃れたと記す。しかし、詳細は明らかにされていない。熊野地方には維盛の子孫で小松氏を名乗る一族がいることは、太田亮の『姓氏家系大辞典』にも記されている。維盛は那智で入水したことになっているが、死を装って熊野に潜伏したということであろうか?南朝伝説に登場する色川氏も維盛の子孫と称するが、やはり維盛は死なずということであろうか?それにしても信州の小松一族というのはよく分からない。
このページのトップへ移動
平家伝説序章(3)
 
平家伝説序章(3)
 
信濃小松氏の系譜はよく分からない。『姓氏家系大辞典』にも一部掲載されるが、横瀬孫三郎に至る系譜は掲載せず。熊野小松家は、『姓氏家系大辞典』は、時盛まで掲載する。
(2011.11.12)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(4)
 
平家伝説序章(4)
 
平維盛は、屋島で平家一門から離脱、高野山を経て熊野に入り、那智沖で入水したとされるが、実際は生き延びて子孫を残すと『系図研究の基礎知識』などに記される。その内「小松家」の略系図は『姓氏家系大辞典』、『系譜と傳記』などに掲載されている。尚、色川盛氏は後南朝にも関係しているという。
(2011.11.30)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(5)
 
平家伝説序章(5)
 
平維盛は、那智で死なず熊野に潜伏し子孫を残したという。息子の兼盛が小松を称し、異母兄弟が清水を称したと云う。小松家の系図は『姓氏家系大辞典』にも一部が掲載されている。しかし、清水家の詳細は記されない。坂本顕一郎氏の論考に寄れば、清水盛広は、小松盛兼の異母兄弟で、子孫の盛氏は色川氏を称し南朝に仕えたという。このことは、近藤安太郎氏の『系図研究の基礎知識(近藤出版社)』にも記されている[平家伝説序章(4)参照]。小松家・清水家の伝承が事実なら平家は滅びずということになる。
(2011.12.9)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(6)
 
平家伝説序章(6)
 
本項は、平家伝説序章(5)(小松家一族)の続きである。坂本氏の示した系図の一部は、『姓氏類別大観』(ネットデーター)にも掲載されている。ただし、これらの系図は、基本系図集では確認できない。『姓氏家系大辞典』には、小松家の系図が途中まで掲載されている。清水・色川氏は断片情報しか確認できない。
(2011.12.11)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(7)
 
平家伝説序章(7)
 
平維盛は熊野に逃れ子孫を残したという伝説があるが、その庶流の色川氏は、南朝後裔の尊雅王の岳父と伝える説がある。尊雅王縁の光福寺の住職・秋田氏の論考でも紹介されている。又、太田亮の『姓氏家系大辞典』にも色川盛氏に関する記述あり。色川氏に関しては、平家伝説序章(5)も御覧下さい。
(2012.7.22)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(8)
 
平家伝説序章(8)
 
歴史雑誌の特集では、平家の落人伝説が紹介されることがある。維盛伝説は有名だが、それ以外に平教盛の末裔と伝えられる阿佐家(四国)平時忠の末裔と伝えられる時国家(北陸)が知られている。ほかにも各地に平家の末裔伝説があるがその真贋は定かでない。
(2012.7.25)
色川家の事は、平家伝説序章(5)(小松家一族)平家伝説序章(6)(維盛伝説)なども御覧下さい。
このページのトップへ移動
平家伝説序章(9)
 
平家伝説序章(9)
 
『「さつま」の姓氏』では、平頼盛流として鬼丸氏を掲載するが、主要基本系図集では、頼盛系鬼丸氏の系譜は記載せず(家保―家衡【鬼丸家衡】は掲載せず)。
(2012.7.31)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(10)
 
平家伝説序章(10)
 
ネットデーターでは、鬼丸・財部・下村氏を掲載し、『「さつま」の姓氏』でも各項目で掲載し平頼盛の子孫と記すが、主要な系譜集では確認されず。史実か落胤伝承か、現状ではその詳細は不明。
(2012.8.8)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(11)
 
平家伝説序章(11)
 
清盛の異母弟の平頼盛は池大納言と呼ばれる。母が池禅尼であり、池殿に住んだことなどに由来する。子孫には「池」を家名にしたものもいる。越後(新潟県)に池大納言平頼盛の末裔を称する小池家があるが、恐らくは古代の池君(高志池君)か渡部氏の末裔が、池大納言の末裔を仮冒したものであろう。基本系図集には、池大納言の末裔に小池家は記載なし。
(2012.8.19)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(12)
 
平家伝説(12)
 
『日本家系・系図大事典』やネットデーターに寄れば、安村氏は、桓武平氏六波羅流・池大納言平頼盛の末裔と記す。安村氏の系譜は初期部分(保範―保忠―範正)も含め「尊卑分脈」に記載なし。子孫は、織田家及び豊臣家に仕えるという。本流は、之安に男子なく断絶する。
(2012.8.25)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(13)
 
平家伝説序章(13)
 
この系譜は『「さつま」の姓氏』に記されたものだが、『尊卑分脈』など主力系図集に記載無し。
(2012.9.1)
平家伝説序章(10)(頼盛流・鬼丸氏・2)も御覧下さい。
このページのトップへ移動
平家伝説序章(14)
 
平家伝説序章(14)
 
この系譜は『「さつま」の姓氏』に記されたものだが、『尊卑分脈』など主力系図集に記載無し。
(2012.9.9)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(15)
 
平家伝説序章(15)
 
この系譜は『「さつま」の姓氏』に記されたものだが、『尊卑分脈』など主力系図集に記載無し。
(2012.9.25)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(16)
 
平家伝説序章(16)
 
平家は、都落ちして生田に集結するが、義経の奇襲により大打撃を受け海に逃れる。この時、多くの一門が源氏軍に討たれる。少年公達・平敦盛が熊谷直実に討たれたのはこの合戦の時である。海に逃れた平家軍は屋島に布陣するが、再び義経の奇襲により平家軍は西国を目指す。そして壇ノ浦の合戦で源氏軍に敗れ、安徳天皇は二位の尼に抱かれて入水、神器(宝剣)と共に海に沈む。多くの一門が入水するが、平家の総帥の宗盛は自ら死ねず、息子の清宗と共に捕虜となる。通史ではここで一区切りとなるが、伝説では屋島の敗北から壇ノ浦で滅亡するまでの間に密かに脱出する計画を練り、入水し、或いは敗走を装い壇ノ浦から脱出した人々が各地に逃れたという伝説が生まれる。平資盛が安徳天皇らと硫黄島周辺に逃れ、皇子が生まれ、その末裔が長浜氏(長浜天皇)という。又、平知盛の末裔とする対馬の宗氏だが、宗氏を安徳天皇の落胤とする異説もあるらしい(『落人伝説の旅』参照)。基本系図では、平資盛の息子に吉資という人物は記されていない。
(2012.10.2)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(17)
 
 
『戦国大名家370出自総覧(歴史読本 臨時増刊、新人物往来社)』によれば、紀伊の川上舘主の玉置氏は、玉置千光院―小平太の二代記すだけの弱小大名(大名というより國人領主に近い存在)。本論によれば、この玉置氏は平資盛の末裔を称するが、戦国時代に至る玉置氏の系譜は定かでない。熊野から伊勢には平家伝説があるが、それに便乗したものであろうか?基本系図では、資盛の息子に、盛次・直虎・資平は記載無し。
(2012.10.8)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(18)
 
平家伝説序章(18)
 
玉置氏は平資盛の末裔を称するが、戦国時代に至る玉置氏の系譜は定かでない。紀伊・熊野地方には平家伝説以前から玉置氏が存在したようである(『古代氏族系譜集成』参照)。
(2012.10.13)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(19)
 
平家伝説序章(19)
(次頁に続く) 
(2012.10.20)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(20)
(前よりに続く)
 
平家伝説序章(20)
 
(19)(20)は、ネットが記す平正盛末裔伝承系図であるが、ネットの場合、出典・参考データーを明記しているサイトも有れば、系図だけ記し、出典不明なものも少なくない。追跡しても基本系図(『尊卑分脈』、『系図纂要』、『群書系図部集〔原典は、「正続群書類従・系譜部」〕』、『系圖綜覧』)参考図書(『姓氏家系大辞典』、『新編姓氏家系辞書』など)確認できないものもある。すべて追跡できるわけではないが、幾つかの家系は「平家伝説・本編」で追跡する予定である。
(2012.10.21)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(21)
 
平家伝説序章(21)
 
中根氏は、平家一門・平忠正の末子・正持(中根正持)の子孫と称す。しかし、途中が欠落しており判然としない。又、『尊卑分脈』、『系図纂要』、『群書系図部集』などの主要系図では、忠正の息子に中根正持は記載されず。中根氏系図には疑問が残る。
(2012.11.5)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(22)
 
平家伝説序章(22)
 
『新訂寛政重修諸家譜・第九』によれば、幕臣中根氏は、平忠正(清盛の叔父)の末裔と称す。ただ途中の系図が判然とせず、詳細は定かでない。一族間で多少系図に混乱あり。
(2012.11.6)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(23)
(前項より続く) 
平家伝説序章(23)
 
中根氏は、正成の時代に二百石から五千石の旗本となり、正延の時代には六千石に加増された。分家の正知は、廩米三百俵の旗本となる。他に一族が幕臣となるが、系譜に異説もあり混乱している。
(2012.11.11)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(24)
 
平家伝説序章(24)
 
この系図は、中根正成の分家(正吉、正次)の系図である。母系では、服部半蔵の父の服部保長に繋がる。
(2012.11.21)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(25)
 
平家伝説序章(25)
 
三河系中根氏一族は、祖系が判然とせず混乱している。平忠正の子孫を称するが、極めて疑問。ネット掲載系図は、正持から戦国時代までは、正系不詳。江戸初期も混乱している。「寛政系譜」も戦国以前を明確にせず。
(2012.12.9)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(26)
(前ページより続く) 
平家伝説序章(26)
 
ここで紹介するのは、松平氏一族で、母方の中根氏を称した家系だが、中根氏の家系は古い部分混乱あり(前記参照)。
(2013.1.28)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(27)
 
平家伝説序章(27)
 
忠吉は、信吉七代と記すが、そうなると平家伝説序章(25)(中根氏5)に繋がる事になるが、通称などが異なり、整合性の問題で疑問あり。
(2013.2.2)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(28)
 
平家伝説序章(28)
 
中根氏は、平忠正の末裔を称するが、戦国に至る系譜は定かでない。又、その祖系は混乱している。この中根氏も他の中根氏との繋がりが判然としない。
(2013.2.17)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(29)
 
平家伝説序章(29)中根氏(9)
 
前項でも記したが、中根氏の祖系は混乱している。共通の人物が記されているのにその系譜が整合しない。謎も多い。平家一族の末裔を称するが、実際の所、それを立証することは極めて困難である。
(2013.3.9)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(30)
 
平家伝説序章(30)
  (中根氏.11へ続く)
中根氏は、平家の末裔と称するが、この家系は藤原姓を称する。しかし、系譜は混乱している。
(2013.3.19)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(31)
 (中根氏.10の続き)
平家伝説序章(31)
 
平家伝説序章(27)(中根氏7) ※ 中根正時、中根昌長
中根氏は、平家一門の末裔を称するが、藤原姓を称する家系もあり、附記も判然としない。或いは、複数の流れが同族化したものであろうか?
(2013.3.22)
このページのトップへ移動
平家伝説序章(32)
 
平家伝説序章(32)
 
中根氏は、三河國道根六郷より出て、三河國額田郡箱柳邑など広がる。幕臣中根氏は何家かあるが、平氏(六波羅流)(大橋流)・源氏(松平流)・藤原氏など本姓が異なる。しかし、姻戚関係・養子関係などで以外と繋がる。ただこの本姓は額面通りには受け取れない。すべて先祖祖系が曖昧で連綿系図が主要系図集では確認出来ない。中根氏が平家の末裔というのは、伝説の領域であり、史実として肯定できる状況にはないというのが、私の印象である。
(2013.3.24)
平家伝説序章(33)
(平家伝説)
戻る
リポート集トップへ戻る
Copyright (C) Kakeiken. All Rights Reserved.